クレジットカードの現金化は違法!?|基本的な認識は黒に近いグレーです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
急な出費や事業費用の捻出には審査不要のカード現金化がお得です。

クレジットカードを持っている人ならだれでも利用可能で、
キャッシングやカードローンのように面倒な審査は必要ありません。

昨今の流行りはキャッシュバック式のカード現金化ですが、
当サイトでは買取式のクレジットカード現金化をおすすめしています。

クレジットカード現金化については注意点もあるので、カード現金化に関する記事もご覧ください。

関連記事

クレジットカード現金化について知りたいことがある方がこのページを見ていると思います。

まず最初にクレジットカード現金化を知った人が考えることは「それって違法じゃないの?」ということだと思います。

現時点ではクレジットカード現金化そのものは違法と呼べないものとなっています。

このことについて今回は説明していきたいと思います。

クレジットカード
クレジットカードをお持ちの方は
すぐに現金受け取り可能です

銀行などの融資やキャッシングと違って
カード現金化には審査はありません。
クレジットカードをお持ちの方なら
誰でも・簡単に・安全に
現金を受け取ることができます。

審査なし

クレジットカードの現金化は違法!?|基本的な認識は黒に近いグレーです

クレジットカードの現金化は違法!?

「クレジットカード現金化」とグーグルなどの検索エンジンで調べると様々な情報が出てきます。最初に出てくるサイトはクレジットカード現金化のサービスを提供している企業のサイトだと思いますが、クレジットカード協会がクレジットカード現金化への注意を促すページも出てくるので、一体なにが正しい情報なのか混乱してしまう人もいると思います。

結論から言えば、現状クレジットカードの現金化は法律などと照らし合わせると黒に近いグレーであると言えます。

クレジットカード現金化に関連する法律は?

クレジットカード現金化に関わる法律は「貸金業法」や「出資法」が主なものとして挙げられます。

「貸金業法」では借入残高が年収の1/3以上にならないよう規制(総量規制)をしています。また、上限金利を借入金額に応じて15%~20%にするよう定めています。

「出資法」でも上限金利を定めていて、違反している場合は刑事罰の対象になります。

クレジットカード現金化は総量規制の対象にもならなければ出資法の対象にもなりません。ただ、クレジットカード現金化の利用者が毎月カード現金化を行っている場合は実質貸金業として見られる可能性も否定できない

ですが、クレジットカード現金化では、あくまでもキャッシュバック方式であれば商品の販売、買取式であれば商品の買取を行っているだけなので、見かけ上貸金業となっていないため、摘発する法律が存在しないことになります。

カード会社の規約には違反している
迷惑防止条例に抵触する可能性も

ただ、クレジットカード会社の規約には、商品の所有権は商品購入時にはカード会社にあり、代金の支払い後に購入者に移るという記載が必ずあるため、少なくともカード会社の規約には違反していることになります。

また、各都道府県で定められている条例では、初めから売ることを目的とした商品の購入を禁止しています。チケットの転売についてこの条例が持ち出されることがありますが、そもそもこれはダフ屋行為を防止するために制定されたものなので、金券の転売に関してはほとんど適用されないものになります。

ただ、クレジットカード現金化でも購入するのは金券などの換金性の高い商品なので、通常利用する量を明らかに超えているような場合は摘発される可能性がないとは言い切れません。

つまり、クレジットカード現金化は明確に何らかの法律違反となっているわけではないのですが、実質的には「貸金業法」「出資法」「迷惑防止条例」「カード会社との規約」に引っかかる行為となっていることだけは認識しておいた方がいいです。

銀行からの短期借入や当座貸越などが可能ならそちらの方がいい

もし、このページをご覧の方がクレジットカードの現金化を検討していたとしても、他の方法で資金を調達できないかをまず検討していただくのが1番です。

個人の方ならキャッシングやローンなどを選択することもできます。また、法人の方なら銀行からの借入などを検討することもできます。

これらの方法で現金が必要であるという問題が解決できるなら、まずはそれらの方法を試しておく方がお互いのためにもなるはずです。

カード現金化を利用することもメリットがある

カード現金化.comなのに、クレジットカード現金化を否定するようなことばかり伝えていますが、まずはクレジットカード現金化が社会的にどのような位置付けとなっているかを知ってもらう必要があると考えているために情報を紹介しています。

クレジットカード現金化は大抵の人は「知り合いから聞いて」とか「借金を返すための方法として」とか誰かから聞いた方法をそのまま実践していることが多いため、クレジットカード現金化がそもそも法律的にもグレーゾーンであることや、他に現金を用意する方法や選択肢がある場合はまずそちらを優先して利用するべきであることを知らない方も多いのです。

でもクレジットカード現金化を利用することにメリットがあるのも事実です。

例えば旦那さんがお金を管理している夫婦で主婦の方や、お小遣い制を採用している夫婦の旦那さんでは、家族や夫婦の口座から自由に現金を引き出すことができない方もいると思います。

こういったパターン以外の場合でも、クレジットカードはあるけど銀行印を持っていないなど、家計の主権を持っていない場合もあるかもしれません。

でも急な飲み会で現金が…。など、急に現金が必要になってしまうこともあるでしょう。

こういった場合に少額でも利用できるのがクレジットカード現金化を利用することのメリットでもあります。結果として買取金額により下がってしまう%分の損はしてしまいますが、奥さんや旦那さんにお金の使い道について聞かれたりお金について相談したりする労力を考えれば手数料は安いぐらいかもしれません。

あまり大きな金額になってしまうと問題もありますが、たまに少額利用する程度であればそれほど問題にもならないので安心して利用できます。

女性でも安心
女性でも安心

カード現金化は女性の方にも
安心して利用できるサービスです。
気に入った洋服や
セールの商品を購入するためなど、
キャッシングと違って
気軽に利用できるのも特徴です。

安心

法人は設立から3年間は銀行から借り入れができない!?

クレジットカード現金化をする方の多くは会社経営をしている方だと思います。こういった情報を提供すると、まず最初に「税金逃れなんてけしからん!」と費用の水増しによる脱税を指摘する方がいるのですが、今は法人税を逃れるためにクレジットカードを利用して現金化を行う企業はほとんどありません。

一昔前は分かりませんが、今ではそんなに簡単に稼げる時代ではなくなっています。

法人の方でクレジットカード現金化をする方の多くは、取引先からの入金が遅れてしまって支払いの現金が足りなくなってしまったり、取引の入金スパンが2ヶ月~3ヶ月あって支払いの分の現金が必要になってしまったりという方々がほとんどです。

こういった法人のクレジットカード現金化は決算の時など会計士でばれますが、会計士も違法性を指摘するようなことはありません。

というのも、法人は設立から3年経たないとまず銀行はお金を貸してくれないという事実があるのです。銀行と法人で借入のやり取りをする際にまず必要となるのが3期分の決算書になっています。当然ですがここが赤字になってしまっていたらその時点で借入はできません。

法人を設立して1年目は赤字になってしまう企業が多いですが、業態によっては2年目も赤字になってしまうような厳しい業界もあるでしょう。法人設立の際に一般的に必要とされる資金は700万~1,000万と言われていますが、設立当初に借入や補助金などで金策をしておかないと、どんなに有望な企業であっても、会社が軌道に乗る前に現金がショートしてしまうということはあり得る話です。

法人は建前としては有限責任ですが、普通設立当初の法人は連帯保証を付けるのが基本ですから、会社が駄目になってしまったとしても借金は残ってしまいます。

とは言っても今月の支払いだって厳しいし、何もしなければ会社が潰れてしまうという場合もあるでしょう。何もせずに会社を畳むかカード現金化をするかどっちかを選ばなければいけない時もあるかもしれません。

そういった場合は恐らくカード現金化をするでしょう。

法人様大歓迎
法人様大歓迎

取引先の支払いが遅れている!
売掛金の回収ができなくなってしまった!
取引先が急に倒産してしまった!
カード現金化は法人様の
急な出費への対応にもオススメです。

法人歓迎

今は政府の施策で銀行はお金を貸した方がメリットが大きくなっています。ですが、景気のいい話ばかりではなくどの業界や企業も厳しい状況であるのが現実です。

そういった状況では銀行はお金を貸したくても貸せない状況になってしまっていることもありますし、今まさにそういう状況に直面している方もいるかもしれません。

そのような方はなんとかクレジットカード現金化を利用することになると思います。

まずは他の方法がないかどうかを十分に検討していただき、それでもクレジットカード現金化以外に方法がないのであれば、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加